長野県農民美術 干支シリーズ いぬ
5670c9a1be6be378c600579d

長野県農民美術 干支シリーズ いぬ

¥1,728 税込

送料についてはこちら

大正8年 画家山本鼎(かなえ)の提唱により「農民の手に より作られた「美術的工芸品」。長野県上田市にて農民 美術運動が始まりました。 一時は、全国50組合以上の団体が組織され、民芸・工 芸としての木彫が全国に広がりました。その後、戦争の 影響で農民美術運動、生産が停止されましたが、戦後に なり、上田市にてその活動を復活させました。 復活後は、アルプス登山者のお土産ものとして「木端人 形、木片人形」が数多く作られながら、現在は、素朴で 野趣豊かな、生活の中に普通に融け込む木彫が作られて います。 産地:長野県上田市 size :30×15×H75 mm